funnel

【GDN】リマーケティング広告/リターゲティング広告にとは

2020.05.28 Google
  • twitter
  • facebook

日頃PCやスマホでネットサーフィンをしていると、ちょっと前に閲覧したサイトや、購入を迷っていた商品のバナー広告を目にすることがありませんか?

思わず広告をクリックしてしまう反面、もしかして閲覧履歴が外部に漏れている?と不思議に思われたこともあるかと思います。これが、リマーケティング広告/リターゲティング広告というWEB広告の一種なのです。この基本的な概念についてご紹介します。

 

 

 

 

リマーケティング広告/リターゲティング広告とは

 

◆Googleディスプレイネットワーク(GDN)⇒『リマーケティング広告』

◆Yahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)⇒『リターゲティング広告』

特定のWEBページにおけるユーザーの訪問履歴を基に、改めてアプローチを行うことができる広告です。GoogleとYahoo!で少し呼び方が違いますが基本的な原理は同じです。

 

リマーケティング広告の仕組み

リマーケティング広告では【タグ】と言われるものを使用し、ユーザーの訪問履歴を取得しています。

 

このタグを任意ページに設置することで、ユーザーの【Cookie情報】を読み取ることができます。

タグの設置されたページを通過したユーザーは訪問者としてリスト化され、このリストを基に広告を配信することで、リマーケティングを行うことができるのです。

 

 

リマーケティングの重要性

閲覧履歴を読み取り、ターゲティングしているため、少し怖いイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれません。しかしマーケティングの観点から見ると非常に重要な手法です。

 

皆さんは普段買い物をされる際、一番始めに訪れた店で商品の購入を決められますか?恐らく、いくつもの店舗を回り、他店の商品と比較さえた上で気に入ったものを購入されていると思います。

 

WEBマーケティングにおいても同様のことが言えます。

 

リスティング広告やSNS広告を活用し、ユーザーをサイトに流入させても、それだけでは十分とは言えません。検討段階のユーザーに対して、商材を再認識・再行動してもらうことが非常に重要となるのです。

 

 

おわりに

リマーケティング広告の仕組みは意外にもシンプルなものだということが分かります。しつこく見られるケースもありますが、実際に私も商品の購入をリマーケティング広告に後押しされたことは少なくありません。

WEB広告において大事なのは、ユーザーにとって必要な情報を届けるということ。リマーケティング広告を上手に活用すれば、ユーザーにとっても広告主にとっても有益になること間違いなしです。是非この機会にリマーケティング広告にチャレンジし、ワンランク上の広告運用を目指してみて下さい。

 

Funnelでは、WEB広告についてお困りの企業様にサポートさせていただいております。

下記、お問い合わせよりお申し付けください。

原則3営業日以内にお返事をさえていただきます。

  • twitter
  • facebook

Our team

read more

Recruit

明日を動かす
熱き仲間募集!

read more

Contact Us

事業内容に関する質問やご相談など、
まずはお気軽にご相談ください。

tel

お電話での
問い合わせはこちら

TEL:03-5577-3077FAX:03-5577-3107

mail